ダイエットで痩せない人・支援館TOP > ダイエットの秘訣とコツ > 痩せない理由とは?

痩せない理由について

痩せない理由について解説します。
ダイエットで痩せないという人は、必ず太る原因があります。トップページでは痩せない原因として、過度の食事制限による飢餓状態を挙げました。飢餓状態になると脂肪を節約しようとするし、食べたものが脂肪に溜まりやすくなります。また有酸素運動のやり過ぎや、間違ったダイエット法(痩せる薬やダイエットサプリメント、痩身エステ)なども痩せれない原因と解説しました。

ここでは別の角度から、痩せない理由について考えてみたいと思います。
たとえば次のような要因が考えられます。

  • ストレスの蓄積
  • 自律神経の乱れ
  • 骨格のゆがみ
  • いつも何かを口にしている

ストレスの蓄積

痩せない理由として、ストレスが大きく関わっています。
ストレスがあると交感神経が活発になるので、むしろ痩せやすくなるのでは?という疑問を持つ人もいるかもしれません。それも含めて考えてみたいと思います。

ストレスが太る原因になるのは、まずストレス解消策として甘いものを食べてしまうからです。ストレスが脳にかかると、満腹中枢が正常に働かなくなり、摂食中枢が刺激されます。神経伝達物質で説明すると、セロトニンの分泌量が減ってドーパミンの分泌が増えるということ。ドーパミンやアドレナリンが脳内に優位になると、摂食中枢を刺激するので空腹を感じ、普段よりも多く食べてしまうのです。たとえ血糖値が高く、胃が満杯であっても空腹感が襲ってきて食欲が湧いてきます。

ストレスの回避策として、いったん美味しそうなケーキを見たり、一口でも口にすると、オレキシンという脳内ホルモンも分泌されます。これは摂食中枢から産生されて、空腹感を起こさせるホルモン。甘いものは別腹といいますが、オレキノンが分泌されると、胃を緩めて内容物を小腸に送り出します。本当に別腹はあるのです。そうなると擬似的な空腹感から、本当の空腹感になって、ますます食べてしまうことになるのです。痩せない理由として、このような悪循環にはまって出られなくなることが挙げられます。

ストレスのない生活は考えられない現代ですが、だからといって、そのはけ口を食欲に向けたのでは、摂取カロリーが増大の一途をたどって肥満になるだけです。もしストレスが強いなと感じたら、体を動かしたりカラオケに行ったり、ちょっと散歩をしてみたりして、うまくストレスを発散させましょう。

ダイエットに運動が必要とされる理由として、消費カロリーを増やしたり、基礎代謝を上げるためと言われます。ですが、それ以外にもストレスを解消して、ストレスの捌け口を食欲に向かわせない効果もあるのです。

交感神経が優位になると、アドレナリンとノルアドレナリンが副腎髄質から分泌されます。ですから消費カロリーが増えて、痩せそうに思えます。ただし、これは適度な緊張感の場合です。つまり、やりがいを持って仕事に取り組んでいるような状態です。疲弊するほど交感神経が優位になると、自律神経のバランスを崩してしまい、かえって自然に働くカロリー消費が働かなくなって太る可能性が出てきます。

自律神経の乱れ

痩せない理由としては、自律神経の乱れ・崩れが関係していることもあります。
というより自律神経がきちんと働いていれば、太ることはないといえます。人間は食べ過ぎたときには、自律神経の働きによって、DITを高めたり、褐色脂肪細胞が活発になって、より多くのカロリーを自然に消費するようになっています。カロリー自動制御装置ともいうべき仕組みが備わっているのです。

しかし過度の飲食や、運動不足、栄養バランスの乱れ、ストレスによって自律神経が乱れると、このようなバランスが取れなくなり、消費カロリーが減ってしまいます。その結果、脂肪だけが増えていき、肥満となるのです。

実際、脂肪細胞が大きくなるほど、レプチンという生理活性物質(サイトカイン)が分泌されることが分かっています。レプチンが分泌されると満腹中枢を刺激して食欲を抑えるとともに、消費カロリーを増やすことが知られています。つまり太っている人ほど、本来は食欲が抑制され、カロリー消費も高くなるはずなのです。そうならずに痩せない理由は、自律神経が正常に働かないことが考えられるのです。

では自律神経を正常にするには、どうしたらよいのでしょうか?
やはり1日3食の栄養バランスが取れた食事、適度な運動、適度な睡眠に尽きるといえるでしょう。つまり、これら自体が消費カロリーを増やしてダイエットに有効なだけではなく、自律神経を正常に働かせる秘訣でもあるのです。つまり太った状態は、自律神経の乱れから引き起こされるとともに、乱れの原因でもあるわけですね。こうなると悪循環になるので、どこかで改善しなければなりません。

個人で出来る自律神経調整法としては、爪もみ療法が簡単でオススメです。
これは爪の生え際の角を、反対の指の人差し指と親指で挟んで10秒間揉むという健康法です。副交感神経を優位にするので、ストレス解消に役立つかもしれません。また自律神経が調整されれば、自然に働く消費カロリーによって、何もしなくても健康的に痩せていく可能性があります。薬指は交感神経を優位にするので、しぜんと消費カロリーが増えて、だまっていても体重が減っていきます。

骨格のゆがみ

痩せない理由には、骨格がゆがんでいることも挙げられます。
骨格のずれとしては、骨盤や背骨があります。そのほか姿勢が悪いと、肩甲骨の位置にもゆがみが生じるといわれています。ダイエットで痩せたい人で、何をやっても脂肪が減らない人は、一度整体師に、骨格の状態を見てもらったほうがいいかもしれません。

骨格がゆがんでいると、その周辺の筋肉が緊張して、肩こりのようにこり固まることになります。そうなると筋肉を走っている血管やリンパ管、神経が圧迫されます。すると脂肪燃焼効率が悪くなるために、脂肪が付きやすくなるのです。

骨盤がゆがめば、お腹(ウエスト)周辺、お尻(ヒップ)、太もものなどの下半身に脂肪が付きやすくなります。とくに出産経験のある女性は、骨盤が開いていることがあるので要注意です。バンテージダイエットなどの骨盤矯正法を実践してみるとよいかもしれません。骨盤矯正ダイエットによって、お腹から下の部分痩せも可能になると思われます。

背骨がゆがむと、上半身全体がぼってりしてきます。
背中、わき腹、肩、二の腕などの皮下脂肪は、背骨のゆがみに原因があるかもしれません。難しいことはしなくても、毎日ゆっくりと体をひねるだけでも効果的です。イスに座った状態だと、体をひねりやすくなります。反動をつけると背骨を傷める危険があるので、ゆっくりと動かして、数秒間静止するほうがよいでしょう。そのさい、呼吸を止めないように注意しましょう。

肩甲骨のゆがみが、痩せない理由となることもあるようです。
肩甲骨は、いってみれば宙ぶらりんのような状態なので、ゆがみなんてあるの?と思いがちです。しかし長時間のパソコン作業や、猫背の習慣などによって、筋肉がバランス悪く発達することがあります。そうなると、筋肉のゆがみ→骨の位置のズレという経路で、骨格がずれてしまうことに。

これは骨盤や背骨のズレでもいえます。
足を組んだり、女性特有の横座りが習慣になると、片方の筋肉だけを使うことになり、筋肉の発達に偏りが生じます。すると当然、骨もずれてくるわけです。骨盤と背骨は、悪い姿勢の習慣を改めて骨格を矯正するのですが、肩甲骨の場合は、悪い姿勢の修正とともに、左右の筋肉を均等に鍛えていきます。ヒジをゆっくりと後ろに引きながら、胸を数秒張った状態を維持するだけで、肩甲骨周辺の筋肉を刺激することができます。

いつも何かを口にしている

痩せない理由として、摂取カロリーが多いことは誰もが納得いくでしょう。
しかも食べるタイミングによっては、それがすべて体脂肪に蓄積されてしまいます。たとえば食後に「甘いものは別腹」といって、さらにデザートや果物をたべると、それらはすべて脂肪細胞に蓄積されます。

つまり食事によって、肝臓のグリコーゲンは満杯になっているわけです。
その状態でさらに食べれば、糖質はどこにもストックできないわけですから、体脂肪になるというわけです。

食事と食事の間隔が非常にせまく、空腹を感じないうちに食べる習慣がある人は、この現象が起きやすくなります。このことは痩せない理由として、なかなか気づきづらいものです。満腹になるまえに、ちょこちょこお菓子を食べたりする人は、つねに血糖値が高い状態なので、ずっとインスリンが出ています。

インシュリンは膵臓から分泌されて、グリコーゲンに糖質をたくわえたり、糖質や脂肪を脂肪細胞に蓄える働きがあります。しかし常に食べている人は、肝臓のグリコーゲンがいつも満杯なので、脂肪に行くしかなくなります。あまりに高血糖状態が続くと、インスリンに抵抗性がついて高インスリン血症になり、膵臓が疲弊してしまいます。その結果、高血糖を許してしまうことになり、糖尿病になる危険があります。

空腹状態になると、今度は膵臓からグルカゴンというホルモンが分泌されます。
これはグリコーゲンを糖質に分解したり、脂肪分解酵素リパーゼに働きかけて遊離脂肪酸を作り出す働きがあります。つまりダイエットで痩せないという人は、適度な空腹状態を作ることによって、グルカゴンが自然と脂肪を分解・燃焼してくれる状態を作るべきです。ただし飢餓状態となると、かえって脂肪を溜め込もうと働いて、脂肪燃焼効率が悪化するので、この点だけは気をつける必要があります。